英語を上手になりやすい人の特徴とは?

英語を上手になりやすい人の特徴とは?

英語、同じ勉強をしていても話せる人もいますし、話せない人もいる。その違いとはどんなことでしょうか?

同じ勉強をしているのに上達に差がでてしまう。せっかく英語を勉強をするのなら早くできるようになってしまったほうがいいですよね。

英語を上手くなりやすい人には特徴があります。そういった特徴とはどういうものなのか調べてみましたので、ご覧いただければ嬉しいです。

SP Englishの公式HPへ

英語が上達する人とは

すぐに英語が使えるようになる人にはある特徴があるそうです。それは、現地の人と積極的に関わることです。

語学力に気後れせず、片言でもともかく現地の人と会話をしようとする人、会話の輪の中に入っていく人が、すぐに英語を習得するようです。

逆に、ヘンに遠慮して話さなかったり、文法や語学力を気にしている人は、いつまでたっても英語が上達しないということがあります。

英語が比較的速く身につく人は、ミスを恐れないで、ともかくアウトプットしていくので、それだけ上達がスピーディーなのかもしれません。

英語を話す機会を作る

英語を使う機会、中々そういう機会を手に入れるのは難しいですが、積極的に話していくとやはり上達が早くなります。

机で文法を暗記していても、やはり英語は話せるようになりません。英語を話す機会は自分で意識して作る必要があります。

外国からの観光者が多い街なら、気軽に外国の人に声をかけていくのもよいでしょう。困っている様子の人なら、喜ばれると思います。

さらにもっと都会となると外国人が集まるコミュニティなどあるのでそこに活用していくというのもありでしょう。

たまに不審がられることもありますが、たいていはコミュニケーションにつながります。このような小さな喜びが、案外外国語を習得する近道になっていくでしょう。

何より場数を踏むことが大事です

大切なのは英語を話すこととなります。文法ミスとか気にせずに、まずは気軽に英語を話していく。そんな積極性こそが、英語がペラペラ話せるようになる人の特徴です。

間違えて仕方ないという気持ちで英語を話していくことが大切です。別に文法をミスしても評価が下がることはありませんから。失敗して正しい表現を覚えていけば問題ありません。

正しいとか正しくないとか、上手とか下手だとか、そういうことは気にせず、まず英語を気楽に話していくという積極性が大切です。場数を踏まなければ話す速度は遅くなってしまいますからね。

SP Englishの公式HPへ
TOPページを見る