英語を習得する順序とは?

英語を習得する順序とは?

英会話ができる、どういう順序で話せるようになっていくのかを分析していけば自分は今どの段階にいるということがわかって効率がより一層アップしていきます。

特に英語を話せるようになる上で、重要なのがリスニングとスピーキングです。これは、赤ちゃんが言葉を覚える過程をイメージしてもらえば分かりやすいと思います。

小学校に入る頃には、文字を書くこと、読むことを学ぶトレーニング(国語の授業)を受け、より幅広く言葉を使えるようなります。

このプロセスをまとめると、人が言葉を身につけるためには、「聴く→話す→読む→書く」という4つの力を育むことで英語を習得します。さらに詳しくみていきましょう。

SP Englishの公式HPへ

大体人に足りないモノとは?

日本人の大半は、中学・高校と学校で読む&書くのトレーニングはたくさん経験しています。

その一方、聴く&話すという重要なレッスンが欠けています。そのため、聴く&話すといった英会話力に自信を持てずにいます。

これはある意味、当然の話です。私達日本人は、英語を文字から学んでいます。中学生の頃から文法や読解を中心にした教育を受けています。

受験という制度がある以上仕方がないのかもしれませんが、これが原因で、英語のコミュニケーション経験が圧倒的に不足しています。

つまり、「聴く→話す」という決定的なプロセスが欠けているのです。だから話せるのが苦手な方が多いです。

足りない要素を学ぶ

英語を習得する上で特に重要なのは、リスニングとスピーキングです。

英会話も同じで、コミュニケーションを成立させるためには、相手の話を正確に聞き取ること(ヒアリング)、そして、相手に自分の意見を伝えること(スピーキング)、2つの力が必要です。

この「聴く→話す」という体験が不足していますので、英会話を上達させるためには、重点的にリスニングとスピーキングに取り組むための時間を作る必要があります。

まとめ

英語を話せるようになるためにはインプットからアウトプットという手順を経る必要があります。すなわち、まず英語の勉強して知識を身につけること。そしてそれを使うことしかありません。

私達日本人の大半は、英文法や英語の読解については、ある程度トレーニングを受けています。なのでリスニング、そしてスピーキングの訓練を徹底的にやれば英会話が上達するというのは言えるかもしれませんね。

英語が苦手でゼロから英会話を習得したい方はインプットからアウトプットとなります。初心者の方は特に、必要最低限の基本的な内容から英語を覚えていくことで、徐々にレベルアップしていきましょう。

SP Englishの公式HPへ
TOPページを見る